院長が小説を出版しました

院長が小説を出版しました

当院院長による書き下ろし小説『東大理三の悪魔』がAmazon kindleで販売開始されています。
学生時代、角川日本ホラー小説大賞の一次選考を突破した経験をもつ院長が放つ、当時の東大生のリアルを描いた異色のSFサスペンスです。
ご興味ある方は是非ご覧ください。
kindle unlimitedでも読めます。
現在は電子版のみですが、紙版もまもなく発売予定です。

■書籍情報
東大理三の悪魔表紙
『東大理三の悪魔』
著者 幸村百理男
価格 630円(税込)
Amazon販売ページリンク https://amzn.asia/d/7xvwCfb
あらすじ
時は1997年。僕は東大理科三類の一年生で、夜八時に教養学部図書館を訪れ、閉館まで勉強する奇妙な生活を送っていた。閉館後は渋谷で同じ理三の仲間と議論を交わしながら、食事をしたり酒を飲んだりする日々……ある日からボーイッシュな雰囲気の女性が夜の図書館に訪れるようになる。彼女はいつもサングラスに黒いコートという出立ちで、難解な物理学の専門書を読んでいた。僕は彼女と話していくうちに、その圧倒的な世界観に夢中になる。天才とは何か、この世界に隠された秘密とは……? 実話をもとに描き、東大生のリアルが垣間見える仕上がりとなっている。東大医学部卒医師が学問の本質を追求したSFフィクション。天才と秀才の邂逅を描いた異色の青春物語。