当医院の設備

当医院の設備

施設

医院出入口

バリアフリーの自動ドアになっています

受付

ご来院されましたらまずはこちらで受付けいたします

待合室

広い吹き抜けが特徴の開放的な待合室です

パンフレットと試供品

ご自由にお持ち帰りいただけます

診察室

こちらでみなさまの診察をさせていただきます

検査機器

視力測定などに用いる検査機器が並ぶ検査室です

休憩室

手術後に休息していただくお部屋です
穏やかな音楽が流れており、落ち着いてお過ごしいただけます

手術室

こちらで手術を行います

医療機器

当院は、先進医療認定施設です。
最先端の検査機器、手術機器も導入し、みなさまの目に寄り添っていきます。

センチュリオン

白内障手術に使用する最新鋭の手術機械です。

コンステレーション

白内障手術に使用する最新鋭の手術機械です。

オートレフケラトメーター

遠視・近視・乱視の強さ(屈折度数)と、角膜の大きさ(角膜曲率半径)や形状を測定し、視力検査やコンタクトレンズのベースカーブを決める手がかりとするための検査に使用します。

オートレンズメータ

眼鏡を載せるだけで球面度数、乱視度数、乱視軸と角度、プリズム度数、プリズム基底方向といったレンズ情報を自動的に測定する事ができます。

ノンコンタクトトノメータ

眼圧を測定します。眼圧とは目の硬さのことをいい、目の形状を維持するために、つねに一定の圧力が必要となります。

スペキュラマイクロスコープ

角膜内皮細胞の観察のために開発された生体顕微鏡です。 角膜の最も前房側にある層「角膜内皮層」にある細胞の形状変化や数を観察します。

Aモード

目の長さ(眼軸長)を測定します。白内障手術に用いる眼内レンズ度数を算出できます。

眼底カメラ

網膜や視神経の状態を撮影するものです。

ハンフリー視野計

中心部の視野(感度閾値)を測定することを目的としています。おもに緑内障(初期)、視神経疾患、網膜疾患など視野異常が疑われる場合や、スクリーニングの検査として非常に有用です。

ゴールドマン視野計

周辺部を含めた視野全体の形状を評価する動的量的視野検査機器です。おもに緑内障、網膜疾患(網膜色素変性症など)、頭蓋内疾患、心因性視力障害などの疾患を検査します。

OCT

黄斑円孔や黄斑上膜、加齢黄斑変性などのさまざまな眼底疾患に対し、その形態異常を各組織での光の反射により断層像を得ることで微小構造の評価にも使用します。また網膜疾患以外にも、緑内障における視神経乳頭周囲の視神経線維層厚の評価にも使用します。 また、長い波長の近赤外光を使用することにより、広隅角眼や狭隅角眼の鑑別にも使用できます。

ERG

光刺激に対する網膜の電気反応を記録する機械です。ERG波形を解析することにより、網膜の外層、中層、内層のどの層に機能異常があるのか推測することができます。